レーザー以外の治療

クリームレーザー治療に抵抗がある方は、お薬を内服する方法や美容点滴による治療法もあります。クリームを気になるしみ・肝斑に塗ることで色素を取り除いていきます。洗濯物で汚れが強い個所に漂白剤を使用するのと同じように、肌の気になる個所に専用のクリームを使用します。クリームには肌を漂白する効果があり、使用することで色素を軽減する仕組みです。使用するクリームの成分は美容皮膚科によって異なりますが、ハイドロキノンなどの成分が含まれています。ハイドロキノンは主に欧米で利用される成分です。

美白に用いられる成分にはレチノイン酸やビタミンC、コウジ酸、プラセンタなどがあります。個々人の肌の状態に合わせて適切な治療方法を検討していきます。レチノイン酸を用いた治療法は、肌の角質をはがして、細胞を活性化させることでしみ・肝斑の原因になっている部分の肌を新しくします。レチノイン酸は治療に用いられる成分ですが、皮膚炎といった副作用もありますので個人ではなく医師のサポートを受けつつ治療を進めた方が良いです。レーザーやお薬の内服、クリームを使用したりと治療を分けたり、併用したりすることでしみ・肝斑の治療を進めることができますので自分に合った治療法を見つけることができます。

レーザー治療の仕組み

しみ・肝斑は症状を適切に特定することが大切で、まず美容皮膚科に行くとカウンセリングからスタートします。生活習慣なども影響しますのでカウンセリングによって効果的な治療法を検討します。適切に診断してもらうために化粧はせずに受診したほうがよいです。症状を改善するには適切に診断してもらい、効果的な治療法を検討してもらうことが大切です。すでにほかのクリニックで治療中の方で、新しくクリニックに診断してもらう場合は、治療してきた方法や処方している薬の情報を提供したほうが近道になります。

カウンセリングしみ・肝斑治療は保険適用外になることもありますので、クリニックでカウンセリングをしてもらって判断します。しみ・肝斑の治療にはレーザーを使用した方法やイオンを導入した治療があります。レーザー治療は気になるシミにレーザーをあてることで肌のメラニンを破壊してシミを消す治療です。レーザー治療を受けた直後は肌が赤くなったような状態になりますが、時間が経過するとレーザーをあてた部分の肌が再生することでシミを消す治療です。レーザー治療は美容皮膚科によって使用する機器が異なりますので、クリニックによってどの機器をしようしているかもチェック対象になります。

【参照リンク】美容皮膚科シロノクリニック

美容皮膚科のしみ治療

美容皮膚科でしみや肝斑の治療ですが、まずはしみや肝斑の症状について症状を診断してもらいます。しみについては種類がさまざまあり、症状によって治療方法が異なります。しみの症状を適切に判断しないと、適切な治療ができないため、最初の診断が大切になります。個人でしみの症状を特定するのは難しいので、やみくもに治療しても治らない可能性があります。原因をしっかりと特定して治療することが大切になりますので、遠回りのような感じもありますが、まずは美容皮膚科で診断してもらいます。

原因しみ・肝斑の症状には、老人性色素斑や色素沈着、雀卵斑などがあります。老人性色素斑は名称の通り、加齢が原因で肌の色味が変化する症状です。老人性色素斑は色の境目がハッキリしているのが特徴で、紫外線を浴び続けることによって肌に蓄積されて色味が変化する症状です。若い時から日焼けをし続けた方がなりやすいとも言われています。色素沈着は化粧で肌が荒れてしまったり、ヤケドやニキビなどが原因で肌が炎症起こしてしまったりしたときに紫外線を浴びることで肌の色が変化してしまう症状です。

雀卵斑は、そばかすとも呼ばれる症状で遺伝性が強い症状とも言われています。肝斑は目の下と頬っぺたの上に現れる症状で、左右対称に現れるのが特徴です。肝斑は色の変化がはっきりしていなくて、ぼやけた形で色味が変化して出てきます。30~40代の女性に出てきやすい症状で、紫外線やホルモンバランスが原因と考えられています。