レーザー治療の仕組み

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

しみ・肝斑は症状を適切に特定することが大切で、まず美容皮膚科に行くとカウンセリングからスタートします。生活習慣なども影響しますのでカウンセリングによって効果的な治療法を検討します。適切に診断してもらうために化粧はせずに受診したほうがよいです。症状を改善するには適切に診断してもらい、効果的な治療法を検討してもらうことが大切です。すでにほかのクリニックで治療中の方で、新しくクリニックに診断してもらう場合は、治療してきた方法や処方している薬の情報を提供したほうが近道になります。

カウンセリングしみ・肝斑治療は保険適用外になることもありますので、クリニックでカウンセリングをしてもらって判断します。しみ・肝斑の治療にはレーザーを使用した方法やイオンを導入した治療があります。レーザー治療は気になるシミにレーザーをあてることで肌のメラニンを破壊してシミを消す治療です。レーザー治療を受けた直後は肌が赤くなったような状態になりますが、時間が経過するとレーザーをあてた部分の肌が再生することでシミを消す治療です。レーザー治療は美容皮膚科によって使用する機器が異なりますので、クリニックによってどの機器をしようしているかもチェック対象になります。

【参照リンク】美容皮膚科シロノクリニック